スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<強盗>レストランに男 25万円奪い逃走…さいたま(毎日新聞)

 9日午後11時40分ごろ、さいたま市岩槻区南平野のレストラン「ココス東岩槻店」で、男がレジの近くにいた女性従業員(37)に包丁のような刃物を見せ「金を出せ」と脅した。従業員が奥に逃げたところ、男はレジから現金約25万円の入ったトレーを奪い逃走した。店内にいた客8人と従業員3人にけがはなかった。埼玉県警岩槻署によると、男は20~30歳ぐらいで、身長約175センチ。白っぽい服装だった。強盗事件として捜査している。【山本愛】

【関連ニュース】
コンビニ強盗:出頭の17歳少年を逮捕 山口
強盗致傷容疑:女性運転手のタクシー強奪、少年逮捕 広島
強盗傷害容疑:80歳男逮捕 家侵入、けがさせる 警視庁
コンビニ強盗:82歳男、自転車の空気入れで脅す 名古屋
強盗傷害:男性殴られ重傷 愛知・豊明

淀川遺棄の相談電話放置、検証必要…警察庁長官(読売新聞)
国民新党幹事長に下地氏 自見氏は副代表(産経新聞)
【土・日曜日に書く】論説委員・福島敏雄 「龍馬」ブームを考える(産経新聞)
【2010参院選】滋賀、知事選とダブル選→県議辞職でトリプル選に (産経新聞)
ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
スポンサーサイト

【新・関西笑談】サッカーに乾杯(4)元日本代表FW 西澤明訓さん(産経新聞)

 ■「モリシ」は尊敬するライバル ともに切磋琢磨し名コンビに。

 --西澤さんといえば、日本代表でもセレッソ大阪でも一緒に活躍した4歳上の森島寛晃さん(現C大阪アンバサダー)との名コンビが思い出されます。お二人は何も言わなくてもお互いのことが分かるというような関係でしたか

 西澤 そんなわけないでしょ、分からないですよ。

 --では、なぜあれだけ息が合ったプレーを

 西澤 いつも言うんですけど、一緒にいる時間が長かった。だって、チームでは毎日練習し、試合して。代表でも厳しい試合に一緒に出て、プライベートでも一緒にめしを食いに行ったりとか。だから「この人がこういう顔をしたときは、だいたいこういうことを考えている」「こういうポジションで、こういうボールの持ち方をしたときには、ここに球が出てくる」ぐらいは。『あうんの呼吸』とか、みなさん言うけど、誰でもそんな長く一緒にプレーしていれば、そうなりますよ。

 ただ、モリシ(森島)のプレースタイルが僕のやりたいスタイルにうまいぐあいにマッチしたというのはあると思います。

 --森島さんはライバルでしたか

 西澤 ライバルですね。負けたくない。モリシに球をとられたりすると、むしょうに腹が立つというか。ほんと練習では、いつも“削り”に行ってましたもん、本気でね。

 --森島さんの方も?

 西澤 来てましたね。やり返してやりましたけど。

 --いつごろからそういう関係になったのですか

 西澤 やはり一緒に試合に出るようになり、一緒に日本代表に選ばれるようになってからですかね。モリシの方が先に代表に行っていたので、「モリシ、どうしたらいいの」とか聞いて。完全に“慣れ”ました。

 --最初から「モリシ」と

 西澤 最初は「モリシ」なんてとても呼べない。高校時代から見てましたからね。グラウンドの隅の方から眺めて「やべぇ、森島いるよ」という感じで。(いつ『森島さん』から『モリシ』へ?)いつの間にかですかね。

 --お互いに尊敬

 西澤 僕は尊敬してますよ、もちろん。

 --清水で引退するつもりだった西澤さんが最後、セレッソに戻ったのも森島さんが関係しているのですよね

 西澤 オファーがあったこともあるのですが、モリシが首を痛め、本人も一番悔しい中で引退せざるを得ない状況になった。本人からもそういう話を聞いていたし、「まだやれるんじゃない」みたいなことも言われた。それに、自分が清水に移籍した年(2006年シーズン)に、セレッソをJ1(1部)からJ2(2部)に落としてしまったことが頭にあって。それで、最後に何かしらの力になれるのなら、と話を受けました。(聞き手 月僧正弥)

マイケル・J・フォックスから知った米国社会の現実――翻訳家 入江真佐子さん(Business Media 誠)
農水相不信任案 野党4党提出へ(産経新聞)
鳩山首相 中国の温首相と会談 対北朝鮮で強い姿勢を要請(毎日新聞)
警官の発煙筒で車炎上 都に620万円賠償命令(産経新聞)
ネットと街頭演説の連動 ツイッターは避ける(産経新聞)

NHKが初の強制執行申し立て=受信料拒否の5人に(時事通信)

 NHKは26日、受信契約を結びながら受信料支払いを拒否している5人を相手取り、債権を差し押さえる強制執行の手続きをそれぞれの居住地の地方裁判所に申し立てた。対象者は東京都、大阪府、千葉、兵庫、福島各県の計5人で、請求額は計48万5858円。NHKが申し立てに踏み切るのは初めて。
 NHKは14日、今回の5人を含む計8人に対し21日までに支払いがなければ強制執行の手続きに入るとの予告を通知。その後、3人からは支払いがあったという。
 NHKによると、裁判の判決などで受信料支払いが確定しているにもかかわらず払わない人は全国でほかにも82人(3月末時点)おり、今後、同様の予告をした上で強制執行手続きに入る方針。 

渡辺元郵政相が参院選不出馬(産経新聞)
【裁判員考】制度施行1年(中)選任手続き~公判 迅速化、専門用語が壁(産経新聞)
裁判員裁判、保釈許可75%…公判前整理で上昇(読売新聞)
宝くじ販売権売買話で数億詐取か=容疑で元会社役員逮捕―警視庁(時事通信)
「ぜいたくしたい」生活保護通院費120万不正受給(読売新聞)

皇太子さま、首都圏外郭放水路に(時事通信)

 皇太子さまは11日午後、埼玉県春日部市の首都圏外郭放水路を視察された。
 同放水路は地下50メートルに埋設された全長6.3キロのトンネルから成り、近くを流れる中小河川が増水した際、地下に取り込んで江戸川に流す仕組み。
 皇太子さまは同放水路管理支所で施設の概要について説明を受けた後、倉松川と中川の水を取り込む第3立坑(たてこう)などを視察。水問題に強い関心を持つ皇太子さまは、地下トンネルから流れる水の勢いを調整する調圧水槽内に実際に入って、「柱はどういう役目があるんですか」などと質問。白く巨大な柱が立ち並ぶ光景に「神秘的ですね」と感想を述べた。 

老健開設準備の医療法人社団に破産手続き開始―東京地裁(医療介護CBニュース)
たちあがれ日本、片山元総務相擁立へ(読売新聞)
原田大二郎が民主から出馬…山口選挙区(スポーツ報知)
小沢氏更迭に期待=民主・渡部氏(時事通信)
鞆の浦 架橋計画推進、反対派初の公式協議 広島県が主催(毎日新聞)

ご飯こぼし、いらいら…小3長男に傷害容疑(読売新聞)

 栃木県警足利署は10日、栃木県足利市百頭町、老人福祉施設職員大橋忍容疑者(34)を傷害の疑いで緊急逮捕した。

 発表によると、大橋容疑者は9日午後8時半頃、小学3年の長男(8)の顔をなぐったり左腕をけったりなどして、けがを負わせた疑い。病院から連絡を受けた県南児童相談所が同署に通報した。

 大橋容疑者は、夫と3人の子どもの5人暮らし。児童相談所には、保育所や小学校から、長男や長女(7)に「顔などにあざがある」などという相談が5年前から数回あったという。大橋容疑者は「ご飯をこぼしたのに片づけず、いらいらした。たたいたが、けってはいない」と供述しているという。

もんじゅ「再起動」 技術蓄積へ歩み再び(産経新聞)
沙也さんの心臓移植、米で無事終了…容体も安定(読売新聞)
<高齢者住居詐欺>容疑の社長逮捕へ 神奈川県警(毎日新聞)
もんじゅで誤警報か=運転に影響なし-原子力機構(時事通信)
手作りの土笛、どんな音色? 世田谷区の児童館で親子ら挑戦(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。